【グリーンパーク山東】遊び場いっぱい! ファミリーに絶対オススメのキャンプ場!

キャンプ
スポンサーリンク

滋賀県の米原市にある「グリーンパーク山東」には、子どもたちが遊べる施設がいっぱい!

持込でテントを張れる、ファミリーでのキャンプにぴったりなキャンプ場なんです!

今回の記事ではそんなグリーンパーク山東の基本的な情報や設備・サイト情報。

それらに加えて周辺施設のお役立ち情報をまとめますよ!

「グリーンパーク山東ってどのようなキャンプ場?」

と、気になられている方のお力になれれば幸いです。

 

スポンサーリンク

基本情報

212-1
216-1
previous arrow
next arrow

名称グリーンパーク山東
所在地〒521-0221
 滋賀県 米原市 池下80-1
アクセス愛知県 名古屋市から高速利用
 → 約1時間
 
岐阜県 岐阜市から下道
 → 約1時間5分
 
三重県 四日市市から下道
 → 約1時間30分
 
滋賀県 大津市から高速利用
 → 約1時間10分
 
京都府 京都市から高速利用
 → 約1時間20分
 
大阪府 大阪市から高速利用
 → 約1時間50分
 
利用料【入場料】
 ・大人  440円/人
 ・小学生 220円/人
 ・未就学児 無料
*連泊は初日のみ
 
上記に加えて、
【フリーサイト】
 ・キャンプ
  2,200円/2,750円/3,300円
 ・デイ(9:00~15:00)
  2,200円/不可/不可
 ・ソロ(自転車・バイク)
  1,100円/1,650円/2,200円
*テントとタープを張る場合、2サイト分の予約が必要です。
 
【オートサイト】
 ・小区画(9m×15m)
  4,400円/6,600円/7,700円
 ・中区画(11.7m×15m)
  5,500円/7,700円/8,800円
 ・大区画(16.2m×15m)
  6,600円/8,800円/9,900円
 
*それぞれのサイトはレギュラー(ハイ・トップ以外の平日)/ハイ(土・祝前日・夏休み中の平日)/トップ(連休・蛍期間・夏休み中の土・お盆・年末年始)の日程分けにより値段が変わります。
営業期間シーズン営業
(3月下旬~12月上旬)
チェックイン・アウト【 イ ン 】13:00~17:00
【アウト】~翌11:00
連絡先0749-55-3751
ホームページGreen Park
*上記はキャンプ利用時の情報です

*アーリーチェックインは前日の混雑状況によっては550円/1時間で、最速9:00(+2,200円)から可能です。

*レイトチェックアウトはその日の空き状況により、一律1,650円で15:00まで滞在できます。

*ペット同伴可能。ただしリードの使用・排泄物の処理など、マナーを守る必要があります。

 

子どもたちの遊び場いっぱいのキャンプ場!

グリーンパーク山東には、十分すぎるほどの遊べる施設があります!

194-1
185-1
114-1
118-1
previous arrow
next arrow

フリーサイトのエリア内には水遊びができる「どろんこ池」。

池の周りには多種多様な遊具があるので、思いっきり遊ぶことができます!

遊具で遊ぶのに飽きてきたら、今度は広くて開放的な、芝生の「ふれあい広場」へ!

ボール遊び、追いかけっこ、バドミントンなど、どんな遊びも可能です!

ちなみに、管理棟から徒歩約3分のところには、幼稚園の園庭である「天狗の丘」があります。

この公園は幼稚園の開園時(平日の9:00~14:00)以外は無料開放されているので、グリーンパーク山東の遊具に飽きてきたら、こちらを利用するのも良いかもしれませんよ!

175-1
176-1
previous arrow
next arrow

少しスリリングな遊びがしたいなら、管理棟から徒歩約7分のところにある「ドラゴンスライダー」へ!

全長100mという長い長い滑り台を、親子で一緒に滑ってみても良いかもしれません!

178-1
181-1
180-1
182-1
183-1
previous arrow
next arrow

また「ドラゴンスライダー」の近くにはよりワイルドな遊びができる「アスレサーキット」も!

こちらのみ入場料が1人200円かかりますが、冒険感あふれるフィールドアスレチックを存分に楽しめますよ!

ぜひ親子で「冒険」、してみてはいかがでしょうか。

 

――このように、グリーンパーク山東には子どもたちが遊べる環境が充実しているので、まさしくファミリーキャンプにピッタリなキャンプ場ですよ!

 

温泉が併設!

174-1
155-1
greenparksanto_onsen
previous arrow
next arrow

グリーンパーク山東の敷地内には「鴨池荘」という宿泊施設があり、日帰り入浴ができます!

設営する場所にもよりますが、だいたい歩いて約4分!

料金や営業時間は以下の通りです。

鴨池荘 詳細

【営業時間】
 平日……15:00~22:00
    (21:30最終受付)
 休日……13:00~22:00
    (21:30最終受付)

【利用料】
 中学生以上……平日600円/休日700円
 2歳以上……全日400円

 

なおチェックイン時に「16:00までの入浴受付で100円割引」の券をいただけますよ!

……今回、土日で利用した経験から、入浴は早めに済ませることをオススメします。

というのも、鴨池荘の浴槽は内湯・露天風呂共に小さめ。

加えて、最終受付の1時間前――20:30ごろ、キャンプサイトに場内アナウンスが入ります。

そこからみんな一斉に移動し始めたので、浴槽はぎゅうぎゅう詰め……。

あらかじめ利用する時間を決めて、計画的に動いたほうが良いかもしれませんよ。

 雨の時はキャンセル無料!

大半のキャンプ場は雨でもキャンセル料が取られますよね。

しかしグリーンパーク山東の周辺が雨の予報の場合は、無料でキャンセル可能!

公式HPにある天気予報が基準になりますので、天候が気になる方は定期的に確認をしましょう。

ちなみに公式HPの天気予報は「tenki.jp」を使用しているようなので、こちらを開いたままページ更新すると把握しやすいですよ。

キャンセルする場合は、予約時のメールにあるURLから申請できます。

 

訪れる際の注意点

グリーンパーク山東の住所は「滋賀県 米原市 池下80-1」となっており、こちらをナビに設定すると中途半端な場所でナビが終了してしまいます。

今回初めて訪れたので、少し戸惑ってしまいました。

「滋賀県米原市池下174」で調べると管理棟のすぐそばまで案内してくれるので、キャンプでの利用の場合はこちらで検索すると良いですよ。

ちなみにこれはGoogle Mapでの事例ですので、あらかじめご了承ください。

 

目次に戻る

設備情報

この項目ではグリーンパーク山東の設備について解説していきます。

なお全体図を確認したい方はこちらからご確認ください。

 

管理棟

103-1
106-1
159-1
161-1
previous arrow
next arrow

グリーンパーク山東は複合施設ですが、キャンプの受付は専用の管理棟(マップ上では「キャンプ場受付」)があります。

前述のとおり「滋賀県米原市池下174」で調べて訪れることをオススメします。

管理棟内に受付窓口が2つあり、チェックイン時の説明は少し業務的。

その説明の際にフリーサイトは利用許可証をいただくので、テントなどの見えやすい位置にくくりつけます。

オートサイトは電源と炊事場の鍵をいただくだけですよ。

これらは帰る際に管理棟へ返却することで、チェックアウトの手続きが完了します。

管理棟は9:00からしか開いていませんが、管理棟前の返却ボックスに投入することで、開店前に帰ることもできますよ。

ちなみに、施設利用料や物販などの支払いではクレジットカードも使えます。

157-1
090-1
091-1
previous arrow
next arrow

薪はスギ針葉樹で、1束770円。

少し長めで、量は少なめの印象です。

小さな焚火台を使用している方は、少し扱いづらいかもしれません。

購入できる時間は、管理棟が開いている9:00~17:00の間。

今回利用した時には、16:00にスタッフさんがローバーで巡回されていました。

薪を積んでいるので、管理棟が閉まる前に薪を購入する場合は、この巡回のが来た際に購入すると楽ですよ。

また前述しました温泉の入浴案内のほか、チェックアウトの時間なども丁寧に場内アナウンスをしてくださいますので、すごく丁寧なキャンプ場ですよ!

 

炊事場・炭捨て場

グリーンパーク山東の炊事場・炭捨て場は、利用するキャンプサイトによって大きく変わります。

まずはオートサイトです。

041-1
119-1
previous arrow
next arrow

……グリーンパーク山東のオートサイトは、すごい!

各サイトに専用の炊事場があるんです!

チェックイン時にいただく蛇口のハンドルを使うので、他人は一切使用できません!

これまで100か所以上のキャンプ場を利用しました(2023年4月現在)が、東海近辺で自分のキャンプサイトに炊事場があるのは、三重県の2か所しかありませんでしたよ!

ちなみに焚火などの消し炭も、各サイトに専用のペール缶が置いてあります!

グリーンパーク山東のオートサイトは、設備面の利便性が非常に高いですよ!

129-1
186-1
188-1
189-1
previous arrow
next arrow

フリーサイトの炊事場は、子どもたちが遊べる「どろんこ池」の近くに2か所あります。

どちらも少し古めの炊事場ですが、綺麗に手入れされていましたよ。

ただフリーサイトは利用者が多く(最大150張)、翌朝には排水溝が詰まっていました。

……残飯などはあらかじめキッチンペーパーやウェットティッシュで拭き取る、といった対策をして、みなさんが気持ち良く利用できるようにしたいですね。

 

ちなみにオートサイト・フリーサイトの炊事場には、備え付けのスポンジ・洗剤はありません。

自分で用意をする必要がありますのでご注意ください。

なお洗剤について、利用するキャンプ場によっては家庭用洗剤の使用を禁止しているところもあります。

今後のキャンプライフを楽しむうえで、植物性の環境にやさしい洗剤を常備しておくと良いですよ。

 

ゴミ捨て場

163-1
164-1
165-1
089-1
previous arrow
next arrow

ゴミ捨て場は管理棟のとなりにあります。

チェックイン時にゴミ袋を、1グループにつき1枚無料でもらえます。

こちらに燃えるゴミをまとめて捨てますよ。

大きめの袋なので基本的には事足りると思いますが、2枚目からは50円で購入する必要があります。

燃えるゴミに加えて、以下のゴミが捨てられます。

捨てられるゴミ一覧

・ダンボール
・空き缶、ペットボトル、ビン
・ガスボンベ
・アルミ製品
・電池
・金物

それ以外のもの(壊れた道具や不燃ゴミ、粗大ゴミ、発泡スチロールなど)は捨てられませんので、持ち帰りになりますよ。

ちなみに17:00~翌9:00の間は、動物対策でシャッターが下りています。

ですがカギはかかっていませんので、24時間いつでも捨てられますよ。

 

トイレ

トイレは場内に複数設置されています。

それぞれ設備が違いますので、順番に解説していきますね。

109-1
111-1
098-1
101-1
previous arrow
next arrow

まず、管理棟横にトイレが2か所あります。

どちらも水洗の洋式で便座ヒーターは付いていますが、ウォシュレットはありません。

なお②の男性用トイレは小便器のみで、個室は同じ建物にある多目的トイレを使います。

120-1
121-1
134-1
previous arrow
next arrow

フリーサイトの中にも2か所。

まずは③の、オートサイトの背後――フリーサイトの入り口にあるトイレです。

こちらは水洗の洋式トイレで、便座ヒーター・ウォシュレット付き。

おまけに多目的トイレがあり、赤ちゃんのおむつ交換台があります。

次に④――子どもたちが遊べる「どろんこ池」の近くにもトイレがあり、こちらも水洗の洋式トイレで、便座ヒーター・ウォシュレット付きですよ。

 

全体的には、フリーサイトにあるトイレの方が設備が良いですね!

ですがフリーサイト150張り+オートサイト18区画+グループサイト2区画と、収容人数はかなり多め。

混雑した時のために、全体的なトイレの位置は把握しておいた方が良いかもしれませんよ。

 

BBQ場

BBQ場は場内に2か所あります。

マウンテンサイドに7テーブル、フォレストサイドに10テーブルです。

115-1
116-1
previous arrow
next arrow

まずはマウンテンサイド。

こちらはBBQ場から伊吹山が見え、開放的な空間を満喫できます。

加えて1歩外に出れば広大な芝生広場が広がっているので、BBQをしながら縦横無尽に遊び回れますよ!

BBQテーブルのイスに座りながら、お子さんたちが遊ぶ様子を見守ることができるので、気楽にアウトドアを楽しめると思います!

また駐車場が近いので、荷物運びが楽なのも良いですね!

次にフォレストサイド。

こちらはフリーサイトの一画にあり、より自然を感じやすい環境にあります。

しかし目の届く範囲に遊べる施設がありません。

少し歩いたところにある「どろんこ池」が、一番近い遊べるスポットです。

また駐車場からフリーサイト内に荷物を運び入れる必要がありますよ。

利便性はマウンテンサイドのほうが良いかもしれませんね。

 

目次に戻る

サイト情報

この項目ではグリーンパーク山東のキャンプサイトや宿泊施設について解説していきます。

なお全体図を確認したい方はこちらからご確認ください。

 

フリーキャンプサイト

フリーキャンプサイトかなり広く、エリアによってそれぞれ特徴があります。

そのため独自に「伊吹山エリア」「湖畔林間エリア」「遊具周辺エリア」に分けて解説していきますが、まずは全体的に共通する部分についてまとめていきます。

フリーキャンプサイトは場所の予約ができず、設営ポイントは先着順の早い者勝ち。

後述の解説の中で気に入ったエリアがあった方は、アーリーチェックイン(通常13:00~チェックイン。1Hごとに+550円。最速の9:00だと+2,200円)を利用することをオススメします。

加えて直火・車の乗入れは禁止されており、荷物は全て駐車場から運び入れることになります。

管理棟のそばに12台のキャリーカートがありますので、アウトドアワゴンを持っていない方はこちらを利用しましょう。

……ですが、フリーキャンプサイトは最大で150張りの予約を受け付けているので、土日祝の利用はかなり厳しい……。

今後キャンプを楽しむうえで、自分のアウトドアワゴンを準備しておくと、快適さが大幅に増しますよ。

 

「管理棟」の項目でも解説しましたが、16:00ごろにスタッフさんがローバーに薪を積んで巡回に来ます。

あらかじめチェックイン時にいただく利用許可証を、テントやタープの見えるところに吊るしておきましょう。

なお、フリーキャンプサイトではテントとタープを張る場合、2つ予約する必要があります。

「テントだけの予定だったけど、急な雨で急遽タープを張った」

といった場合、管理棟に申し出て追加料金を支払う必要がありますので、ご注意ください。

ちなみに、電源はありませんよ。

 

ここからは当ブログで独自にエリア分けした「伊吹山エリア」「湖畔林間エリア」「遊具周辺エリア」に沿って解説していきます。

193 (1)
198-1
199-1
148-1
greenparksanto_free_ibuki
previous arrow
next arrow

まずは「伊吹山エリア」です。

こちらはキャンプサイトから伊吹山を眺められる場所が多く、開放的な雰囲気が好きな方にオススメのエリアです。

管理棟に近いエリアなので、無料貸し出しのキャリーカートから距離が近い!

フリーキャンプサイトの中でも、キャリーカートの返却が楽なエリアだと思いますよ!

145-1
144-1
143-1
147-1
195-1
greenparksanto_free_kohan
previous arrow
next arrow

次に「湖畔林間エリア」です。

こちらに設営する場合は、チェックインを終えた後「P林間」の駐車場に移動すると、荷運びが楽にできます。

ですが大前提として知っておきたいことが1つ。

……無料貸し出しのキャリーカートは、管理棟の横にしかないんです!

すなわち、わざわざキャリーカートをP林間まで運んでこなくてはなりません。

正直かなり大変だと思いますので、必ずアウトドアワゴンを用意していきましょう。

持っていない方は、キャリーを無料レンタルして管理棟前のP1駐車場から荷運びをするのも、1つの選択肢ですよ。

142-1
140-1
197-1
141-1
greenparksanto_free_kohan_osusume2
previous arrow
next arrow

このエリアの個人的オススメ設営ポイントは、やはり湖畔の前!

木漏れ日の中で、池を優雅に泳ぐ水鳥を眺めて癒される――グリーンパーク山東の中でも一番雰囲気のある設営ポイントですよ!

ただし注意点が2つ。

1つは、炊事場とトイレが遠いこと。

このエリアの周辺には全く設備がないので、利便性は非常に悪い!

残飯は受付時にもらったゴミ袋にまとめ、食器の汚れはキッチンペーパーで拭き取るなど工夫をすると良いかもしれません。

ウォータージャグに水を汲んでおくと、とても便利ですよ!

 

2つ目としては、子どもたちが遊べる場所まで距離があること。

空いていればサイト周辺でも遊べるでしょうが、土日祝の混雑時は難しいかも……。

景観を重視するならこの「湖畔林間エリア」に。

子どもたちの遊べる環境を重視するなら、後述の「遊具周辺エリア」に設営すると良いかもしれません。

ちなみに、池では泳いだり釣りをすることは禁止されていますよ。

152-1
190-1
191-1
greenparksanto_free_yugu
previous arrow
next arrow

最後に「遊具周辺エリア」です。

こちらは周辺に遊具や「どろんこ池」があるので、子どもが遊ぶ環境を重視する方にオススメのエリア。

加えて炊事場、トイレが近く、しかもトイレは周辺に複数あるので利便性が非常に良いですよ!

管理棟前のP1駐車場から荷運びがしやすいのも大きな魅力ですね!

139-1
135-1
greenparksanto_free_yugu_osusume
previous arrow
next arrow

また季節限定ですが、桜の木が植わっているエリアはかなりオススメ!

4月上旬のかなり短い期間だけですが、桜の木の下でお花見キャンプも楽しめますよ!

 

オートキャンプサイト

162-1
085-1
greenparksanto_auto
previous arrow
next arrow

オートキャンプサイトは管理棟の近くに1列に並んでいます。

サイト間には垣根があり、ある程度のプライベート感があり!

そして最大の魅力は、各サイトに専用の炊事場、電源があること!

チェックイン時にいただく鍵で使用しますよ。

フリーサイトの炊事場の惨状を見ると、専用の炊事場があるのは本当にありがたいな、としみじみ思いました。

炊事場に屋根はないので、雨の日には使いづらいかもしれません。

またシンクの下にペール缶が置いてあるので、そちらに消し炭を捨てられます!

加えてゴミ捨て場・トイレが近いので、至れり尽くせりのオートサイトですよ!

 

オートキャンプサイトの区画にはサイズによって大・中・小の分類があります。

小でも9m×15mと十分な広さ!

駐車スペース込みの大きさなので、車を駐車場に停めれば(駐車料は無料)この広さを最大限活用できます。

一般的なファミリーテントであれば、小で十分!

またソロのグループキャンプでも利用可能で、ソロテント3張り+4m×5mのタープ+車1台駐車でも余裕の広さですよ!

車を駐車場に停めるなどの工夫すれば、ギリギリソロテント5張りはいけそうです。

なお車が複数台になる場合でも、管理棟前の駐車場を無料で利用できますよ!

ファミリーテント+大型タープを利用する場合は中サイズ(⑨)の区画を。

2家族でファミリーテント2張りする場合は大サイズ(⑱)を選ぶと良いかもしれません。

ちなみに全体的に水捌けはあまり良くありませんでした。

またサイトの隅(垣根の周辺)は地面がかなり柔らかいので、強風の時は30cmのペグでも抜けてしまうことが多々ありました。

ペグを2本使って抜けにくくする「クロス打ち」をすると良いですよ。

ちなみにサイトの中心付近は程よく硬く、設営しやすい地面でした。

 

オートキャンプサイトには大きく分けて「広場前サイト」と「植林サイト」があり、予約時にどちらかを選ぶ必要があります。

200-1
113-1
040-1
previous arrow
next arrow

「広場前サイト」はマップの①~⑧の伊吹山が見える開放的な環境で、その名の通り車1台分の道を挟んで目の前が芝生広場!

子どもたちを手軽に遊ばせやすいですよ!

ちなみに中サイズ(⑨)も広場前サイトと同じ特徴です。

204-1
166-1
034-1
035-1
previous arrow
next arrow

「植林サイト」はマップの⑩~⑰

景観がいまいちな分、木陰ができやすく夏場に重宝する環境です。

どのサイトもすぐ近くにトイレがあり、利便性は抜群!

また目の前にP1駐車場があるので、1区画の利用で車が複数台になる場合に便利ですよ。

ちなみに大サイズ(⑱)も植林サイトと同じ特徴です。

 

グループキャンプサイト

048-1
050-1
047-1
049-1
052-1
previous arrow
next arrow

グループキャンプサイトはかなり広く、大人数でキャンプをするのに適したサイトです。

ファミリーテントなら3〜4張り、ソロのグループならかなりの数が張れるほどのスペースがあります!

サイトに併設した駐車場もまた広くて、4〜5台は停められそうな広さでしたよ!

料金は以下の通り。

グループキャンプサイト 料金

・レギュラー 22,000円/1泊
・ハイ 24,750円/1泊
・トップ 27,500円/1泊

グループキャンプサイトの大きな魅力としては、屋根付きの炊事場が併設!

炭捨て用のペール缶も置いてありますので、利便性は非常に高いですよ!

電源も付いているので、夏場の扇風機や冬場の暖房器具で役に立ちますね!

また、他のキャンプサイトから独立しているので、周囲からの視線は全く気になりません。

が、1つだけ注意点があります。

グループキャンプサイトは2区画あるのですが、この2つのサイトは並んで作られています。

それぞれの境界線は中央にある1本の道のみで、垣根などはありません。

また前述のように車はサイト入口の駐車場に停めるので、プライベート感の確保に活用することもできません。

隣のサイトを利用するグループがいれば、プライベート感が薄くなるので注意ですよ。

 

コテージ

169-1
170-1
previous arrow
next arrow

コテージは2種類で、和タイプ3棟と洋タイプ2棟の、合計5棟あります。

和洋によって料金は変わることなく同一ですが、利用時期によって値段が変わります。

コテージ 料金

・レギュラー 27,500円/1泊
・ハイ 33,000円/1泊
・トップ 38,500円/1泊

なお、チェックインは15:00〜21:00。

チェックアウトは~翌10:00です。

1時間につき+1,100円で、イン・アウトの前後を伸ばすこともできます。

グリーンパーク山東のコテージには個別の屋根付きBBQ場が併設しているので、天候に関係なくBBQが楽しめますよ!

ただし車は横付けできず、コテージ近くの駐車場に停める形となります。

コテージに備え付けのもの、自分たちで用意しないといけないものは、こちらをご覧いただくと分かりやすいですよ!

 

目次に戻る

周辺情報

この項目では、グリーンパーク山東の周辺にある施設や、他のキャンプ場について解説していきます。

なお当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

周辺のみならず、様々なキャンプ場を調べたい方は以下をご覧ください。

 

フレンドマート 山東店

229-1
greenparksanto_friendmartsanto
previous arrow
next arrow

所在地〒521-0236
 滋賀県 米原市 間田 字柏戸413
営業時間9:00~20:30
(年中無休)
連絡先0749-55-2111
ホームページHEIWADO チラシ

グリーンパーク山東から約4分のところにあり、買い出しに最も適したスーパーです。

キャンプ場へ向かう際に必ず近くを通るので、非常に寄りやすいですよ!

品揃えが豊富で、なんと岐阜県の名産「鶏ちゃん」も販売されていました。

他にも「サラダパン」や「ふなずし」などの名産もありますので、ぜひキャンプに滋賀県の食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

道の駅 伊吹の里

293-1
greenparksanto_michinoeki
previous arrow
next arrow

所在地〒521-0311
 滋賀県 米原市 伊吹1732-1
営業時間9:15~17:00
連絡先0749-58-0390
ホームページ道の駅 伊吹の里 旬彩の森

グリーンパーク山東から約5分のところにあります。

地元の食材が販売されているのはもちろんのこと、ハムやソーセージなどのキャンプで扱いやすい食材もありました。

メインの買い出しは「フレンドマート 山東店」で。

それに補完する形で、この道の駅を利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに薪も1束550円のものや1束700円のものが販売されていましたよ!

 

伊吹薬草の里文化センター

332-1
greenparksanto_yakusou
previous arrow
next arrow

所在地〒521-0314
 滋賀県 米原市 春照37
利用料【大人】620円
【小人】310円
営業時間【入浴】
12:30~19:30
(最終受付19:15。7~8月の土日祝は11:30~)
 
【定休日】
・毎週 月曜日(祝日の場合は営業)
・祝祭日の翌日
・12/29~1/3
 
*11月~3月のみ、土日+土日に連続した祝日のみ営業
連絡先0749-58-0105
ホームページ(公財)伊吹山麓 まいばらスポーツ文化振興事業団

グリーンパーク山東から約6分のところにある、一番近い入浴施設です。

残念ながら温泉ではありませんが、薬草風呂を楽しめます!

また露天風呂から見える伊吹山の景色は素晴らしい!

非常に良い入浴施設でした!

ですが浴槽は全体的に小さめで、混雑時は待ち時間が発生する可能性もあります。

また最終受付が19:15なので、早めに利用しましょう。

グリーンパーク山東に併設の温泉が混雑しているようなら、こちらを利用してみても良いかもしれません。

 

また、チェックアウト後に寄るのも1つの方法ですね。

7~8月は11:30から開いているので寄りやすいですが、それ以外だと12:30。

周辺にいたスタッフさんに聞いてみたところ、

「12:05くらいには入れるんじゃないかなぁ。受付の子が来たら時間前でも入れるよ」

と教えてくれました。

1つの参考にしていただければと思います。

 

余談ですが、定期的にマルシェなどのイベントが開催されているので、チェックアウト後に寄る場合はその情報をあらかじめ調べておいた方が良いです。

もしイベントが開催されていると駐車場難民になってしまいますよ……。

 

関ケ原古戦場(関ケ原古戦場記念館)

338-1
greenparksanto_sekigahara
previous arrow
next arrow

所在地〒503-1501
 岐阜県 不破郡 関ケ原町 関ケ原894-55
入館料【通常時(企画展 開催期間10/15~12/4)】
 一般     500円(800円)
 高校・大学生 300円(600円)
 中学生以下  無料
営業時間9:30~17:00
(最終入館16:30.毎週月曜 定休)
連絡先0584-47-6070
ホームページ岐阜 関ケ原古戦場記念館

グリーンパーク山東から約16分のところにあり、愛知県・三重県・岐阜県方面に帰られる際に寄りやすい位置にあります。

天下分け目の戦いである「関ケ原の戦い」について深く知れる施設。

中でも1階にある映像展示「グラウンドビジョン」や「シアター」は一見の価値あり!

特にシアターでは座席が振動したり、風が吹いてきたりと、臨場感は抜群!

楽しみながら歴史を学ぶことができますよ!

ただしシアターなどを利用したい場合は事前予約が必須ですので、グリーンパーク山東の予約とともにこちらの準備もしておきましょう。

340-1
342-1
345-1
349-1
previous arrow
next arrow

また記念館の周辺には関ケ原の戦いの決戦地や、石田三成の陣営跡などの名所もあり、こちらも観光できます。

かつて起きた戦場の舞台をめぐるだけですので、利用料などは全くかかりません。

記念館で歴史を学び、実際に戦いのあった地を巡ることで、安土桃山時代に想いを馳せてみるのも良いかもしれませんよ!

 

姉川パーク

グリーンパーク山東から下道で約10分のところにあるオートキャンプ場です。

愛知県 名古屋市から高速道路を利用すると、グリーンパーク山東への移動時間と同じくらい(片道約1時間)で到着できます。

川沿いのサイト・林間サイト・山サイトと、キャンプエリアのバリエーションが豊か!

川遊びができることに加えて、お子さんが遊べる遊具や無料貸し出しの自転車があるので、ファミリーでの利用にオススメ!

また山サイト以外は区画の境界線が低木などで区切られていないため、グルキャンもしやすい環境です!

例えばソロ3人で3区画使えば、車3台を区画内に停めてもテント3張り+大きいタープを張っても余裕!

後述の「奥琵琶湖キャンプ場」は名古屋市から高速道路を使って約1時間25分かかりますが、こちらは約1時間とアクセス抜群なので、気軽に訪れることができるのも魅力ですね!

ちなみにキャンプ場あるお風呂は温泉が出ますよ!

 

滝と渓流の高山キャンプ場

グリーンパーク山東から約27分のところにある、山あいのキャンプ場です。

名古屋市からだと高速道路を使って約1時間25分で到着できます。

場内には「オートキャンプ場」と「林間キャンプ場」があり、林間キャンプ場は荷物を運び入れるスタイル!

しかし林間キャンプ場には1区画だけ、とても魅力的なサイトがありますよ!

また周辺には3つの温泉施設があり、キャンプ中・キャンプ終わりに気軽に寄れるのも大きな魅力!

初心者ファミリーにもオススメできるキャンプ場ですよ!

 

奥琵琶湖キャンプ場

グリーンパーク山東から約40分、琵琶湖の北側に向かったところにあるキャンプ場です。

奥琵琶湖キャンプ場には2つのキャンプサイトがあり、それぞれに大きな魅力があります。

直火のできる「林間サイト」と、琵琶湖を終始眺められる「レイクビューサイト」。

景観を求める人や、より自然との一体感を求める人にとってオススメのキャンプ場です。

また場内規定がしっかりとしているので、夜も静かでした。

もしうるさいサイトがあっても、専用の連絡先に連絡すればすぐにスタッフさんが来てくれるので、安心してキャンプを楽しめますよ!

ペットとリードなしでキャンプを楽しめるサイトもあるので、ペットと一緒にキャンプをしたい人にもオススメです!

 

大津谷公園キャンプ場

グリーンパーク山東から約34分のところにあるキャンプ場です。

愛知県 名古屋市からだと、約1時間で到着できます。

環境豊かで、全面フリーサイトの魅力的なキャンプ場!

かつては無料でしたが、2021年6月に有料化されました。

有料化したことでゴミや消し炭も捨てられるようになりましたよ!

ほかにも、チェックインの時間が決められた関係で知っておきたい情報や、設営の際に役に立つ豆知識などを、以下の記事で解説しています。

 

湯華の郷/華音の森

所在地〒503-2408
 岐阜県 揖斐郡 池田町 段721
利用料【中学生以上】
 900円
【小学生以下】
 500円
 
営業時間【通常】
 10:00~22:00(最終21:30)
【12~2月】
 10:00~21:00(最終20:00)
*毎月 第2火曜日 定休
 
連絡先0585-45-3804
ホームページ天然温泉 湯元 湯華の郷
湯華の郷の日帰り温泉の情報です。華音の森については以下のリンクへ。

グリーンパーク山東から約38分のところにある温泉施設で、大津谷公園キャンプ場のすぐ近くにあります。

ヌルヌルスベスベの、質の高い温泉!

内湯、露天風呂、源泉風呂の3つの浴槽があります。

露天風呂は眺めが良く、ぬるめのお湯なのでいつまでも入っていられます!

ですがあまり広くはないため、時間帯によっては待ち時間が発生することもあるかもしれません。

ちなみに湯華の郷はシャンプー・コンディショナー・ボディソープ完備です!

また湯華の郷は空き地を活用した「華音の森」という施設を貸し出しています。

こちらでもキャンプができますよ!

華音の森の利用者であれば入浴料が割引になるなどの特典もあり!

加えて大人1人1,000円で31時間滞在できるため、破格!

玄人キャンパーさんはこちらを利用してみても良いかもしれませんよ!

 

羽根谷だんだん公園キャンプ場

名古屋市から車で約1時間のところにあるキャンプ場です。

グリーンパーク山東へ向かう時間とちょうど同じくらいで到着できます。

こちらに流れる川は足首くらいの深さで、小さなお子さんでも安心して川遊び可能!

加えて木々のトンネルもあるので、探検ごっこにピッタリ!

炊事場などの設備はとても綺麗なことの加えて、トイレはなんとエアコン付き!

とても過ごしやすいキャンプ場ですよ!

またキャンプ場のすぐ近くには、平野を見渡せる絶景の温泉施設もあります!

土日祝での利用だと無料で送迎がありますので、自然と温泉を存分に楽しめますよ!

 

目次に戻る

グリーンパーク山東 まとめ

「どろんこ池」、「ふれあい広場」、「天狗の丘」、「ドラゴンスライダー」、「アスレサーキット」など、子どもたちが充分に遊べる環境が整っています!

温泉施設が併設しており、入浴が可能です! 16:00までの入浴だと100円割引で利用できますよ!

公式HPの天気予報が雨の場合、無料でキャンセルできます!

グリーンパーク山東のキャンプ施設を利用する場合、「滋賀県米原市池下174」で検索しましょう。

薪は1束770円。9:00~17:00の間に購入可能で、クレジットも利用できます。量は少ないですが長めの薪です。

オートサイトは各サイトに専用の炊事場と炭捨て缶があり!

フリーサイトの炊事場は綺麗に手入れされていますが、利用者が多く残飯で詰まっていることも。また備え付けの洗剤やスポンジなどはありません。

ゴミは捨てられます。1グループにつき1枚無料のゴミ袋がもらえます。24時間いつでも捨てられます!

オートサイトの前にあるトイレは便座ヒーター付きの洋式ですが、ウォシュレットはありません。フリーサイトのトイレは両方とも付いていて、赤ちゃんのおむつ交換台があるトイレもあります。

日帰りのBBQ場は2種類あります。伊吹山が見える「マウンテンサイド」と、木々に囲われた「フォレストサイド」。個人的にはマウンテンサイドがオススメです。

グリーンパーク山東の各キャンプサイト情報については、本文でご確認ください。

 

最後に

いかがでしたか。

グリーンパーク山東はファミリーでの利用に最適!

子どもたちが非日常の中でたくさんの経験をして、大人になった時に、

「グリーンパーク山東は楽しいところだったな」

と、記憶に残ってもらえそうな、魅力的なキャンプ場でしたよ!

この記事がグリーンパーク山東の利用を検討されている方のお役に、少しでも立つことができたのであれば幸いです。

それでは。

 

当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

その他のキャンプ場については以下をご覧ください。

コメント