【YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場】温泉入り放題! アクセス良く初心者にオススメのキャンプ場!

キャンプ
スポンサーリンク

今回は岐阜県の養老町にあるキャンプ場「YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場」について解説します。

最寄りのICから約4分とアクセスが良く、キャンプ利用者は温泉に入り放題!

この記事ではそんな「YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場」の基本的な情報や設備・サイト情報。

それらに加えて周辺施設のお役立ち情報を解説していきますよ!

「YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場ってどのようなキャンプ場?」

と、気になられている方のお力になれれば幸いです。

 

スポンサーリンク

基本情報

名称YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場
所在地〒503-1316
 岐阜県 養老郡 養老町 押越1374-50
標高約8.2m
アクセス 
愛知県 名古屋市から下道/高速
 →約1時間20分/約45分(約1,500円)
 
岐阜県 岐阜市から下道/高速
 → 約55分/約47分(約500円)
 
三重県 津市から高速利用
 → 約1時間30分(約1,600円)
 
滋賀県 大津市から高速利用
 → 約1時間30分(約2,800円)
 
利用料【サイト使用料】
 フリーサイト 3,300円
 オートサイト 4,950円
【入場料】
 大人     1,100円/1人
 小学生     550円/1人
 幼児      無料
【ゴミ処理協力金】
 大人      110円/1人
 小学生     110円/1人
 幼児      無料
営業期間通年営業
チェックイン・アウト【 イ ン 】13:00~17:00
【アウト】~翌11:00
連絡先公式Instagram
ホームページYORO ONSEN CAMP

*「アクセス」の()内は、高速道路の片道料金の目安です。皆さんの最寄りのICから検索される場合は、こちらでご確認ください。

*アーリーチェックイン(11:00~。+1,100円/1サイト)のみ可能。

 

温泉施設が運営!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場はその名にある通り、温泉施設「養老温泉 ゆせんの里」が運営していますが、キッチリとキャンプ場としての魅力が詰まっています!

フリーサイトでは一面に芝生が広がり、点在する木々が木陰を作り、とても町中にあるとは思えない雰囲気があります!

オートサイト・RVパークでは周囲に広がる田園風景と、遥か先にそびえる養老山脈!

開放感あふれる景観の良いサイトです!

たくさんあるキャンプ場の中には実際訪れてみると、

「ただの駐車場……」

と絶望してしまうようなところもありますが、YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場は本格的なキャンプが楽しめる、まさに担当者さんのこだわりを感じるキャンプ場ですよ!

絶対にオススメできるキャンプ場です!

 

温泉・サウナに入り放題!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場では13:00(アーリー11:00)にチェックインしてから翌日11:00にチェックアウトするまでの間、好きなだけ温泉・サウナを楽しむことができます!

成分の濃い茶褐色の濁り湯で、なんと源泉掛け流し!

何度入っても入り足らないくらいの良い温泉に、回数無制限で入浴できるんです!

設営を終え、汗を流しに気軽に温泉へ。

夜になって焚き火をした後、寝る前にもう一度。

次の日は撤収作業でかいた汗を流してキャンプ場を後にする――最高ですよね。

入浴可能時間はチェックイン後13:00〜21:30と、翌日8:00〜11:00。

当日の部は21:30が最終受付で、22:00までに退室といった流れです。

なお、11:00までに撤収作業を終えてチェックアウトの手続きをすると、その後の入浴が1回無料になり、11:00を超えても良いとのこと!

温泉好きキャンパーさんやキャンプ中のお風呂は必須な方にとって強くオススメできるキャンプ場ですよ!

 

朝食バイキングがオススメ!

今回利用した際は案内がなく朝食バイキングを体験できなかったのですが、知人のキャンパーさんからの情報提供をいただきました。

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場では、キャンパーさん向けに朝食バイキングを開催しています。

料金と開催時間は以下の通り!

利用料大人    1,600円/1人
12歳以下   950円/1人
開催時間7:00〜8:30

朝食バイキングでご飯を食べたあと温泉に浸かって。

その後はまったりと撤収作業。

そしてチェックアウトをした後に名残惜しい気持ちとともに温泉へ――なんてプランも良いかもしれません!

ちなみにその知人によると、朝食バイキングの中でも「カレー」が絶品だったとのこと!

「朝からカレー……?」

と最初は思ったのですが、熱を込めて話される様子を見て、相当美味しいんだな、と非常に興味を持ちました。

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場を利用される際は、ぜひ朝食バイキングの利用をプランに組み込んでみてはいかがでしょうか。

 

周辺の買い出し施設が秀逸!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場は「焼肉街道」と呼ばれる場所のすぐ近くにあり、周辺にはたくさんの精肉店が出店しています。

岐阜県の名産「飛騨牛」や、養老町名産の「養老ハーブ牛」などのお肉がお手軽&安価に入手できるんです!

その美味しさたるや、思わず空を仰ぐほど!

「これまでキャンプで何度もBBQをした」

という方も、ぜひ改めて試してみてください!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場で焼肉温泉キャンプーー少し贅沢で満足度の高いキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか!

ちなみにYOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から車で約4分のところには安価で買い出しに適したスーパーもあります。

オススメの精肉店も合わせて後述の「周辺情報」で解説していますので、ぜひそちらをご確認ください!

 

グループキャンプはNG

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場ではグループでのキャンプを禁止しています。

利用できるのはファミリー、ソロ、デュオのみ。

なおデュオについてはソロテント2張りでも可能です。

しかしその場合「テントの大小にかかわらずテント1張り+タープ1張りにつき1サイト」となりますので、それぞれソロの料金がかかることについてご注意ください。

なおこのキャンプ場の周辺にある、グループキャンプのできるキャンプ場を後述の「周辺情報」でまとめています。

グループキャンプを検討されている方は、そちらをご確認ください。

 

目次に戻る

設備情報

この項目ではYOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場の設備について解説していきます。

なお全体図を確認したい方はこちらからご確認ください。

 

管理棟

441-1
YOC_Yoro_Yusen_kanrito
previous arrow
next arrow

一般的なキャンプ場でいうところの管理棟は「養老温泉 ゆせんの里」のフロントor専用のカウンターになります。

平日などの空いている日に利用した時は、温泉のフロントでチェックインを。

繁忙日は温泉入り口を入ってすぐのところにある専用のカウンターでチェックインをする形となります。

チェックイン時にテントに付ける利用許可証と温泉入り放題券を預かります。

無くしてしまうと紛失料金が発生しますので、扱いは慎重に!

499-1
498-1
497-1
533-1
previous arrow
next arrow

施設の中には物販コーナーがあり、地元の特産品やお土産が販売されています。

中でも目を引くのは「地酒」や「飛騨牛カレー」などの、キャンプに活用できそうな逸品!

特にお酒が好きな方は、地酒コーナー必見です!

種類豊富に取り揃えられていますよ!

薪は1束660円。

2024年6月現在、アカシア(広葉樹)とスギ(針葉樹)があり、値段は一緒。

一般的に販売されているものと同じくらいの量でしょうか。

広葉樹については割安に感じました!

21:00までは購入できるとのことなので、夜に薪が切れてしまったときも安心ですね!

ちなみにYOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場では焚き火を楽しめる時間が定められています。

22:00までとなっており、スタッフさんの見回りによって厳守されています。

焚き火をされる際はルールを守って楽しみましょう!

 

キャンプ設備

炊事場・ゴミ捨て場・トイレについてはまとまって設置されており、2か所にあります。

解説する上ではこの2か所を区別するため「フリーサイト用」と「オートサイト・RVサイト用」という表現をさせていただきます。

各サイトの専用の設備というわけではありませんので、あらかじめご了承ください。

513-1
YOC_Yoro_Yusen_Freesuijibaetc
previous arrow
next arrow

まずはフリーサイト用です。

こちらはフリーサイトの入り口――入ってすぐの右側にあります。

450-1
451-1
previous arrow
next arrow

炊事場には蛇口が4つありますが、シンクの数が3つですので実質同時に利用できるのは3人。

スポンジ・たわし・洗剤などは完備されています!

なお洗剤について、YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場では一般的な洗剤が使えますが、他のキャンプ場では使えない場合もあります。

環境に配慮した洗剤はキャンプを楽しむ者として常備しておくことをオススメします。

炊事場の隣には芝生を保護するための耐熱板があります。

芝生のサイトでは焚き火シートを用いても野が焼けてしまいますので、焚き火を楽しむ際は必ず耐熱板を使用しましょう!

452-1
423-1
previous arrow
next arrow

炊事場の左隣にはトイレ。

水洗の洋式です!

しかも便座ヒーター・ウォシュレット付き!

ただし個室は少ないので、他のトイレの場所を把握しておくと良いかもしれません。

トイレの周辺にはゴミ箱と炭を捨てるドラム缶が設置されています。

捨てられるゴミは、燃えるゴミ、ビン、缶、、ペットボトル、ガス缶、金網など金属類、電池、ライター。

捨てられるゴミが多くて本当に助かりました!

418-1
YOC_Yoro_Yusen_autosuijibaetc
previous arrow
next arrow

次にオートサイト・RVサイト用です。

温泉の入り口を目の前にして、右側に設置されています。

419-1
421-1
453-1
454-1
previous arrow
next arrow

そこには炊事場・トイレ・ゴミ捨て場があり、設備の状況についてはフリーサイトとほとんど同じです。

ただトイレについてはフリーサイトのものよりも若干個室が多いので、フリーサイト利用者で緊急事態の時はこちらまで頑張ると良いかもしれません!

また耐熱板と炭捨て場については、オートサイトとRVパークの境目にポツンと設置されていますよ!

517-1
YOC_Yoro_Yusen_hanabi
previous arrow
next arrow

ちなみに各キャンプサイトで花火を楽しむことはできません。

花火を楽しみたい場合は、オート・RVパーク用トイレの隣にある空きスペースまで移動しましょう。

こちらでは花火を楽しむことができますよ!

隣の建物「ゆたりっとホール」が目印です!

 

目次に戻る

サイト情報

この項目ではYOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場のキャンプサイトや宿泊施設について解説していきます。

なお全体図を確認したい方はこちらからご確認ください。

 

フリーサイト

446-1
456-1
472-1
458-1
460-1
461-1
previous arrow
next arrow

フリーサイトは温泉施設の隣にあり、受付順に設営していく早い者勝ち方式です。

大きく分けると芝生のエリアと林間のエリアがあります。

フリーサイトのすぐ隣は道路がありますが、木々のおかげか全く気になりませんでした。

442-1
512-1
previous arrow
next arrow

入り口の駐車場とフリーサイトの間には階段とスロープがあり、こちらを通って荷物を運び入れます。

階段上には4つの荷車が備え付けられていますよ!

それを利用して荷物を運ぶ場合はスロープで荷車を駐車場まで持ってくるか、階段を上り下りして荷物を運ぶか。

どちらにせよアウトドアワゴンがあれば非常に楽ですし、他のキャンプ場を利用した時にも役立つため、持っておくと良いですよ!

447-1
465-1
previous arrow
next arrow

このフリーサイトの1番のオススメ設営ポイントは、入り口に入ってすぐ左のエリア!

駐車場や炊事場などの設備がかなり近いので、利便性が抜群に良い!

しかし日差しを遮る木陰がないので、タープは必須ですよ。

その他の場所については好みになると思います。

若干の景観を求めるのであれば、入り口から入って右側、炊事場の前に設営するといかがでしょうか。

こちらであれば上を見上げると真っ青な空が広がり、開放感が高い!

養老山脈も若干見えますよ。

しかし炊事場などが近いので、プライベート感は低くなります。

464-1
YOC_Yoro_Yusen_Freeforest
previous arrow
next arrow

中央線から左側は林間になっているので、暑い時期はいいかもしれません。

木陰がよくできていました。

しかし奥に行きすぎるとLEDライトが煌々と光っていたので、夜の雰囲気を求めたい方には不向きかも。

逆に小さなお子さんのいるファミリーキャンパーさんは安心してキャンプを楽しめそうですね。

林間エリアの注意点としては、2024年6月に利用した時は、夜にナメクジが大量発生していました。

夜になるとコンテナボックスの側面を大量のナメクジがよじ登ろうとして……。

そして朝。

起きてテントの蚊帳を見ると、ナメクジの這いずった跡がたくさん……。

時期によっては注意が必要かもしれません。

466-1
467-1
468-1
previous arrow
next arrow

プライベート感を求めたいなら、マップ「弁財天」の裏あたりが良いかもしれません。

弁財天周辺の地面が盛り上がっているため、プライベート感が強いですよ!

 

オートサイト

430-1
527-1
435-1
YOC_Yoro_Yusen_Auto1~4
previous arrow
next arrow

オートサイトは温泉施設から道を挟んで反対側にあります。

開放感が抜群に良く、目の前には養老山脈という景観の良いサイト!

全12区画で、景観を求めたい方はその中でも1〜4番のサイトを選ばれるかと思います。

この1〜4番サイトの先には養老山脈があるため、他人のテントを視界に入れることなく景色を存分に楽しめますよね!

ただし注意点として、その目の前にはこの温泉施設が運営するグラウンドゴルフ場があります。

この1〜4番サイトを一歩出た先はグラウンドゴルフのフィールドになっているため、日中はゴルフを楽しむおじいさまやおばあさまを眺める、なんだか微笑ましいキャンプ体験になるかもしれません。

実際に訪れた際は朝からグラウンドゴルフ大会が開かれていましたよ。

これらを総合的に踏まえてオートサイトを利用するベストな方法は、

「平日のキャンプ利用者が少ない日に、オートサイトの7、8、11、12番のどれかに設営する

なのかな、と思いました。

平日であれば目の前にテントを張られる確率が低くなり、またグラウンドゴルフ場から離れた位置に設営することで、ゴルフ利用者が目の前を往来することもなくなりますよ。

ちなみにどの区画を選んでも日差しを遮るものが全くないため、暑い時期にはタープが必須ですよ!

 

RVパーク

440-1
425-1
427-1
previous arrow
next arrow

RVサイトは前述のオートサイトの隣にあります。

全3区画あり、1泊1台4,400円で利用することができます。

椅子やテーブルを区画内に展開することは可能ですが、火を使った調理は禁止されています。

電源を無料で借りられるほか、ゴミも捨てていくことができます。

が、温泉入り放題ではないようです。

詳しくはこちらを確認いただくとわかりやすいですよ。

 

目次に戻る

周辺情報

この項目では、YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場の周辺にある施設や、他のキャンプ場について解説していきます。

なお当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

周辺のみならず、様々な地域のキャンプ場を調べたい方は以下をご覧ください。

 

養老ミート 本店

410-1
YOC_Yoro_Onsen_Yoromeat
previous arrow
next arrow

所在地〒503-1251
 岐阜県 養老郡 養老町 石畑819ー5
営業時間8:00〜19:00
連絡先0584-34-3880
ホームページ養老ミート

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約4分のところにある精肉店です。

こちらでは岐阜県の名産「飛騨牛」や「養老ハーブ牛」などのお肉が、お値打ちに販売されています!

これまで何度もキャンプでお肉を焼いてきましたが、こちらのお肉は……すごい!

美味しすぎて思わず空を仰ぐほど、口の中に旨みが広がります!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場を利用するなら、ぜひとも岐阜の特産牛を入手しましょう!

温泉もキャンプ飯も、最大限楽しめるキャンプ体験となること間違いなしです!

 

カネスエ 養老店

所在地〒503-1251
岐阜県 養老郡 養老町 石畑819-1
営業時間8:00〜21:00
連絡先0120-922-640

前述の「養老ミート 本店」の隣にあります。

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場からかなり近いので、買い出しに最適!

かなり安く1パックの量が多いので、ファミリーでの買い出しにオススメです!

なおカネスエは現金払いのみのイメージが強いスーパーでしたが、こちらではクレジットカードも使えましたよ。

注意点としては、お酒の品揃えが弱いこと。

冷えているお酒も少ないです。

「キャンプにお酒は必須!」

「ソロやデュオなのでそこまで量はいらない……」

といった方々は、後述の「トミダヤ 養老店」を利用すると良いですよ!

 

トミダヤ 養老店

所在地〒503-1251
 岐阜県 養老郡 養老町 石畑1168−1
営業時間9:00〜21:00
連絡先0584ー34ー3553

前述の「カネスエ 養老店」の隣にあり、「養老ミート 本店」と合わせて3店舗横並びに展開されています。

競合店との競争のおかげかこちらも安く、ソロ・デュオ向けの小分けされたパックもありました。

野菜なども1個単位で販売されていましたよ!

冷えたお酒も豊富に取り揃えられていますので、お酒の買い出しはこちらが良いかも!

 

関ケ原古戦場(関ケ原古戦場記念館)

338-1
YOC_Yoro_Onsen_Sekigaharakosenjo
previous arrow
next arrow

所在地〒503-1501
 岐阜県 不破郡 関ケ原町 関ケ原894-55
入館料【通常時(企画展 開催期間10/15~12/4)】
 一般     500円(800円)
 高校・大学生 300円(600円)
 中学生以下  無料
営業時間9:30~17:00
(最終入館16:30.毎週月曜 定休)
連絡先0584-47-6070
ホームページ岐阜 関ケ原古戦場記念館

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約20分のところにある、天下分け目の戦いである「関ケ原の戦い」について深く知れる施設です。

中でも1階にある映像展示「グラウンドビジョン」や「シアター」は一見の価値あり!

特にシアターでは座席が振動したり、風が吹いてきたりと、臨場感は抜群!

楽しみながら歴史を学ぶことができますよ!

ただしシアターなどを利用したい場合は事前予約が必須ですので、YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場の予約とともにこちらの準備もしておきましょう。

340-1
342-1
345-1
349-1
previous arrow
next arrow

また記念館の周辺には関ケ原の戦いの決戦地や、石田三成の陣営跡などの名所もあり、こちらも観光できます。

かつて起きた戦場の舞台をめぐるだけですので、利用料などは全くかかりません。

記念館で歴史を学び、実際に戦いのあった地を巡ることで、安土桃山時代に想いを馳せてみるのも良いかもしれませんよ!

 

千代保稲荷神社

013-1
YOC_Yoro_Onsen_Ochobo
previous arrow
next arrow

所在地〒503-0312
 岐阜県 海津市 平田町 三郷1086
(無料駐車場の住所)
営業時間24時間営業
連絡先0584-66-2613
ホームページ千代保稲荷神社

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約20分のところにある神社です。

通称「おちょぼさん」ですね。

商売繁盛の神様で、油揚げとロウソクをお供えするという新鮮な参拝を経験できます!

また神社へ向かう際に歩く「おちょぼ稲荷参道」には様々な商店が立ち並び、賑わいを見せています。

店先で揚げたて熱々の串カツを、好きなだけ立ち食いして勘定する「玉屋」は必見ですよ!

キャンプを終えたあと、こちらで食べ歩きを楽しみながら、昼は川魚の定食屋でゆっくりと休み、参拝して帰宅する――なんてキャンププランも良いと思いますよ!

なお、月末最終日から翌月1日にかけて「月越参り」が開催されています。

多くの参拝者で賑わっていますので、月末月初に訪れるとお祭り気分を味わえますよ!

 

羽根谷だんだん公園キャンプ場

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約19分、三重県方面へ移動したところにあるキャンプ場です。

愛知県 名古屋市からだと、YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場へ向かうのと同じくらいの時間で到着できます。

こちらに流れる川は足首くらいの深さで、小さなお子さんでも安心して川遊び可能!

加えて木々のトンネルもあるので、探検ごっこにピッタリ!

炊事場などの設備はとても綺麗なことの加えて、トイレはなんとエアコン付き!

とても過ごしやすいキャンプ場ですよ!

またキャンプ場のすぐ近くには、平野を見渡せる絶景の温泉施設もあります!

土日祝での利用だと無料で送迎がありますので、自然と温泉を存分に楽しめますよ!

 

グリーンパーク山東

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約36分のところにある、ファミリーに絶対オススメのキャンプ場です!

愛知県 名古屋市からは約1時間で到着できます。

子どもたちが遊べる施設が充実していて、遊び場に困ることはありません!

加えて敷地内に温泉施設があるので、日中にかいた汗を気軽に流すことができますよ!

 

キャンプサイトはフリーサイトとオートサイトの2種類!

特にオートサイトには各区画ごとに専用の炊事場と炭捨て缶があるので、非常に便利!

初心者でも手軽にキャンプが楽しめる、オススメのキャンプ場ですよ!

 

姉川パーク

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約38分のところにあるオートキャンプ場です。

愛知県 名古屋市から高速道路を利用すると、こちらへは片道約1時間で到着できます。

川沿いのサイト・林間サイト・山サイトと、キャンプエリアのバリエーションが豊か!

川遊びができることに加えて、お子さんが遊べる遊具や無料貸し出しの自転車があるので、ファミリーでの利用にオススメ!

また山サイト以外は区画の境界線が低木などで区切られていないため、グルキャンもしやすい環境です!

例えばソロ3人で3区画使えば、車3台を区画内に停めてもテント3張り+大きいタープを張っても余裕!

ちなみにキャンプ場あるお風呂は温泉が出ますよ!

 

大津谷公園キャンプ場

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約35分のところにあるキャンプ場です。

愛知県 名古屋市からだと、約1時間で到着できます。

環境豊かで、全面フリーサイトの魅力的なキャンプ場!

かつては無料でしたが、2021年6月に有料化されました。

有料化したことでゴミや消し炭も捨てられるようになりましたよ!

ほかにも、チェックインの時間が決められた関係で知っておきたい情報や、設営の際に役に立つ豆知識などを、以下の記事で解説しています。

 

湯華の郷/華音の森

所在地〒503-2408
 岐阜県 揖斐郡 池田町 段721
利用料【中学生以上】
 900円
【小学生以下】
 500円
 
営業時間【通常】
 10:00~22:00(最終21:30)
【12~2月】
 10:00~21:00(最終20:00)
*毎月 第2火曜日 定休
 
連絡先0585-45-3804
ホームページ天然温泉 湯元 湯華の郷
湯華の郷の日帰り温泉の情報です。華音の森については以下のリンクへ。

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場から約38分のところにある温泉施設で、前述「大津谷公園キャンプ場」のすぐ近くにあります。

ヌルヌルスベスベの、質の高い温泉!

内湯、露天風呂、源泉風呂の3つの浴槽があります。

露天風呂は眺めが良く、ぬるめのお湯なのでいつまでも入っていられます!

ですがあまり広くはないため、時間帯によっては待ち時間が発生することもあるかもしれません。

ちなみに湯華の郷はシャンプー・コンディショナー・ボディソープ完備です!

また湯華の郷は空き地を活用した「華音の森」という施設を貸し出しています。

こちらでもキャンプができますよ!

華音の森の利用者であれば入浴料が割引になるなどの特典もあり!

加えて大人1人1,000円で31時間滞在できるため、破格!

玄人キャンパーさんはこちらを利用してみても良いかもしれませんよ!

 

目次に戻る

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場 まとめ

温泉施設が運営する、本格的なキャンプを楽しめるキャンプ場です!

キャンプ中は温泉・サウナに入り放題! 11:00までにチェックアウトすると、その後の入浴が1回無料とのことです!

キャンプ場利用者向けに、朝食バイキングを開催しています。

キャンプ場周辺には、たくさんの精肉店があります。飛騨牛や養老ハーブ牛などが、お値打ち価格で手に入れられます!

グループでの利用は禁止されています。

チェックイン時に受け取る「利用許可証」と「温泉入浴証」は無くしてしまうと紛失料金が発生しますので注意!

温泉施設内の物販コーナーには、キャンプ飯に利用できそうな食品や地酒が取り揃えられています。

薪は1束660円。21:00まで購入できますが、焚き火を楽しめる時間が22:00までと決められています。

炊事場にはスポンジ・タワシ・洗剤などが全て完備されています!

トイレは水洗の洋式で、便座ヒーター・ウォシュレット付き!

種類豊富なゴミを捨てていけます!

YOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場の各キャンプサイト情報については、本文でご確認ください。

 

最後に

いかがでしたか。

「設営で汗をかいた」

「寝る前には必ずお風呂に入りたい」

「朝風呂に入ってスッキリした気持ちで一日を始めたい」

「撤収作業でかいた汗を流して帰りたい」

温泉に入り放題なので、その全てのニーズに応えることのできるキャンプ場ですよ!

この記事がYOC養老温泉ゆせんの里キャンプ場の利用を検討されている方のお役に、少しでも立つことができたのであれば幸いです。

それでは。

 

当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

様々な地域のキャンプ場については以下をご覧ください。

コメント