【宇賀渓キャンプ場】清流のほとりで直火のかまどを作る

キャンプ
スポンサーリンク

きのです。

今回はようやく!

初のソロキャンに行ってきました!

……なかなか過酷なキャンプでした 笑

とはいえ、目の前で流れる淀み一つない清流には心まで洗われるような気分でした。

それではまとめていきます。

 

スポンサーリンク

基本情報

名称宇賀渓キャンプ場
所在地〒511-0266
 三重県 いなべ市 大安町 石榑南2999-5
アクセス
東海環状自動車道 大安ICから
 →約15分

愛知県名古屋市から高速利用
 →約1時間
利用料【キャンプ一泊】
テント1張  1,000円
車の駐車場代 500円×2日
チェックイン・アウトイン :13:00〜?
アウト:10:00?
連絡先0594-78-3737
ホームページ宇賀渓観光協会

フランクなおじいさま方とさらっと過酷な発言

キャンプに行きたいなぁ、と突然思い立って、場所は何の事前情報も仕入れないまま宇賀渓キャンプ場に決定!

当日いきなりで大丈夫か電話で確認したところ、

「良いよ。予約はないもんで直接来てくれたらええよ」

とのお返事が。

早速準備して向かいます。

 

宇賀渓の入り口のアーチをくぐると、受付の小屋が左手に。そこには数人のおじいさまが。

「今日は何しに来たんですかな」

「キャンプです!」

「ほしたらそこで受付してってな」

ニコニコ朗らかなおじいさまの誘導で受付に。

料金を払います。車の駐車場代が1日500円。キャンプで1泊2日なので、2日分の1000円。

加えてテントを張る料金として1000円。

計2000円でした。

お札を受付に置いたタイミングで説明を受けます。

「今は工事しとるもんで、キャンプ村の半分しか使えやん。その半分の好きなとこにテント立てたって」

「わかりました!」

「トイレはこの受付と、キャンプ村の手前に」

「了解です!」

「駐車場は受付の隣。フロントガラスの見える位置に駐車券置いといて。それ持っとったら出入り自由やから、無くさんといてね」

「はい!」

「あとはキャンプ場はちょっと離れとって、ここから200mくらい歩いてもらわんとあかんけどええか?」

「……ん?」

歩く!? 車で近くまで行けないの? アウトドアワゴンなんて持ってないし……大丈夫かな? やっぱりやめる……いやでもせっかくここまで来たし……何とかなるかな!

「頑張ります!」

結果、この後なかなか過酷な設営準備が始まります。

 

さて、歩きます

意を決してキャンプ場まで歩きます。

商店街を抜けて、廃屋? の側を通り過ぎます。

すると橋が。

荷物が重すぎて既に息も絶え絶えです 笑

一息つきながら橋から下を覗くと、

森とその間に流れる川というなんとも雰囲気の良い景色が。

特に流れる水が遠目で見ても澄んでいて、キャンプ場への期待感が高まります。

休み休み橋を渡ると、

まさかの坂道……!

キャンプ場に着く前に心が折れそうになります。

が、しかし!

川のほとりでのキャンプを夢見て、必死でゆっくり登ります!

坂を登り切って受付で説明のあったトイレを過ぎると、ようやくキャンプ場が見えてきました。

炊事場閉鎖中。使えるのはトイレのみ

そうそう。キャンプ場の手前にあるトイレなのですが、なんと仮設のトイレです。

荷物運びの休憩ついでに、中の様子を確認します。

……そっと閉じました。

トイレそのものは綺麗でしたが、上の方で蚊の大軍が飛び回っています(蚊柱っていうのかな?)。

気付かず入ったらお尻が虫刺されだらけになりそう!

どうやらトイレは受付の所のものを利用したほうが良さそうです。

ちなみに、受付でもらったマップを見ると「炊事場」という文字が確認できたのですが、工事の関係が原因なのか利用できないみたいでした。

 

清流のほとりでキャンプ

そんなこんなで、ようやく到着しました!

水がすごく綺麗で、めちゃくちゃ冷たい! すごく気持ちが良いです。

川には一部水がせき止められている部分があって、どうやらここは天然のプールとして遊べるようになっているみたいです。

家族連れのデイキャンパーさんたちが多く、みなさん楽しそうに遊んでいました。

この川のプールは期間限定みたいなので、このプールのために行かれる方は開催期間を確認してからの方が良さそうです。

 

さて。楽しく遊びまわる子供たちを尻目に、設営地点を決めました。

一息つきながら景色を楽しんだ後、再び駐車場に戻り荷物を運びます。

それは合計4往復にもなり、へとへとになりながらも設営を始めるのでした……笑

 

なんと直火がOK!

荷物を運びながら辺りを見回して気付いたことが一つ。

点々と直火した後があるではないですか!

先にキャンプを楽しんでいた人も、直火で焚火をしています。

そう。ここは直火OKのキャンプ場なのです!

初めての直火体験に、わくわく感が止まらなくなりました! 笑

かまど的なものを作ってみたいという欲求に駆られて、荷物運びでへとへとにもかかわらず設営があっという間に終わりました。

やりたいことの為に頑張る力って、すごい! 笑

その後の「この石は組み合わせに合うかな?」と試行錯誤して釜戸を作り上げていく過程は、非常に楽しいものでした。

また作り上げたかまどに火が灯った時の感動は、まだ直火体験をされたことが無い方に是非! 体験していただきたいなと思います!

 

周辺情報

スーパーセンターオークワ いなべ店

買い出しはこちらが近いですよ。

全体的に安い印象でした。

その中でも量の多くて安いお肉があって、思わず買っちゃいました。

お腹が膨れすぎて、食べ切るのが大変でした 笑

 

阿下喜温泉 あじさいの里

キャンプ場から北上したところにある温泉。

すごく行きたかった!!

撤収を終えて宇賀渓キャンプ場を出たのが9時。

営業時間が11時~21時。

2時間の待ち時間は流石に耐えられず、泣く泣く次の機会に訪れることにしました。

毎日お湯を張り替えているようで、綺麗な状態のお湯を堪能できるみたいです。

詳細は阿下喜温泉のホームページをご覧ください。

 

宇賀渓キャンプ場 まとめ

その日の駐車券を持っていたら、出入りは自由になります。

キャンプ場は受付から200mほど距離があります。アウトドアワゴン等を用意するといった、荷物を運ぶための対策は必須。

キャンプ場の手前にある仮設トイレよりも、受付のトイレまで行った方が良いかもしれません。

期間限定で川をせき止めた天然のプールが開かれます。ご家族で気軽にデイキャンプするのもオススメ。

昨今ではあまり見かけない、「直火OK!」のキャンプ場。

 

最後に

初のソロキャンでなかなか大変な道のりを歩きましたが、その大変さも設営を終えたらあっという間に吹き飛びました。

やはり目の前に広がる森と清流の景色にはそれだけ苦労する価値があるんだなぁと実感しました。

 

そういえば、今回訪れた時は工事中だったのですが、この工事……けっこう大規模な工事みたいです。

デンマーク発のアウトドアブランド「ノルディスク」とのコラボで大きく変わるみたいですよ。

詳細はいなべ市のホームページに記載されています。

リニューアルオープンしたら、是非とももう一度行ってみたいなと思います。

それでは。

 

当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

その他のキャンプ場については以下をご覧ください。

 

キャンプ
スポンサーリンク
当ブログの記事の更新情報はこちらで発信しています。
スポンサーリンク
JEKKINO.COM

コメント

タイトルとURLをコピーしました