【渚園キャンプ場】ゆるキャン△の聖地! 広大な芝生で開放感溢れるキャンプ場!

キャンプ
スポンサーリンク

今回は静岡県浜松市にある、浜名湖沿いのキャンプ場について解説します。

ゆるキャン△の聖地でもあるこのキャンプ場は非常にリーズナブルにキャンプをすることができるため、多くのキャンパーで賑わっています。

一面芝生の開放的なサイト構成なので、伸び伸びとしたキャンプを楽しむことができますよ。

「渚園キャンプ場ってどんなところなんだろう?」と思われている方のお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

基本情報

名称渚園キャンプ場
所在地〒431-0214
 静岡県 浜松市 西区 舞阪町 弁天島5005-1
アクセス東名高速道路  舘山寺スマートICから下道
 → 約20分

愛知県 名古屋市から高速利用
 → 約1時間45分
 
三重県 津市から高速利用
 → 約2時間30分
 
岐阜県 岐阜市から高速利用
 → 約2時間15分
 
静岡県 静岡市から高速利用
 → 約1時間30分
 
利用料【フリーサイト】
 410円
【電源付きオート・ペットサイト】
 4,700円
【電源なしオート・ペットサイト】
 3,660円
【BBQガーデン】
 6,000円

*この他、駐車場代1退場につき+400円かかります。
 
営業期間通年営業
(12月29日~1月3日は休園)
チェックイン・アウト・オートサイト
【 イ ン 】11:00~20:00
【アウト】~翌10:00
 
・フリーサイト
【 イ ン 】10:00~20:00
【アウト】 ~翌10:00

*サイトが空いていれば8:30~チェックイン可能
連絡先 053-592-1525
ホームページ浜松市渚園

*予約方法は直接窓口での申し込み、電話での申し込みの他、インターネットでの予約も可能となりました。2021年9月1日以降の予約はキャンプ場検索・予約サイト「なっぷ」で申込できますよ。

 

非常に安い!

渚園キャンプ場には大きく分けてオートサイトとフリーサイトがあるのですが、このフリーサイトが非常に安い!

サイト利用料が1人410円なんです!

これに加えて自動車の駐車場代が400円。

ソロであれば1泊810円、デュオであれば1泊1,210円。

たったこれだけの料金でキャンプを楽しむことができるんです!

しかもバイクや自転車で利用する場合は、駐車料金すら無料!

入場ゲートも無視して隅の隙間から進入してOK!

高規格のキャンプ場にも劣らない設備があるにもかかわらず、これほど破格な値段のキャンプ場は今まで見たことがありません。

 

ただ事前に知っておきたいこととして、駐車場の料金は1退場ごとで、オートサイトでも関係なし発生します。

つまり買い出しや温泉の利用等で一度外に出た場合、400円×2回の800円になってしまうんです。

とにかく安く! と意識されるフリーサイト利用者さんは、なるべくチェックインの前に用事を済ませておくと良いかもしれませんね。

ちなみにオートサイト利用者(デイキャンプ含む)は1回分の退場無料券がもらえるので、必ず管理棟に申し出ましょう。

……当然ですが、チェックアウト時に無料券は使えませんよ 笑

 

ゆるキャン△の聖地!

渚園キャンプ場は、あfろさん原作のキャンプ漫画「ゆるキャン△」の作中に登場することでも有名です。

その影響か、管理棟内には多数のゆるキャン△グッズが!

ファンの方であれば思わずテンションが上がってしまうほどの品ぞろえ!

ゆるキャン△に登場するキャンプ場として有名な「浩庵キャンプ場」よりも多かったです。

渚園キャンプ場限定のTシャツも販売されていますよ。

一般的に販売されているゆるキャン△グッズは8:30~16:20の間に購入できて、渚園キャンプ場限定のTシャツは20:00まで購入できます。

ゆるキャン△グッズの購入を考えている方は、購入できる時間が少し短くなっているので早めに行動した方が良いですよ。

ちなみにすぐ近くには原作に登場した場所が複数あるので、キャンプと聖地巡礼を楽しんでみても良いかもしれませんね。

 

浜名湖へアクセス可能!

渚園キャンプ場は浜名湖沿いにあるので、浜名湖まで簡単にアクセス可能!

近いサイトで十数秒、遠くても数分で湖畔に出ることができるんです!

朝日や夕日を浴びながら、湖畔で散歩をしてみたり。

4月~8月の干潮時に潮干狩りをしてみたり。

夏場であれば湖水浴をして遊んでみたり。

道具を用意して釣りを楽しんでみたり。

 

浜名湖が近くにあることで、様々な体験をすることが可能ですよ!

 

喫煙は所定の場所で

渚園キャンプ場では喫煙できる場所が限られています。

管理棟の喫煙所と、

野球場の入り口にある喫煙所です。

受動喫煙への配慮が素晴らしい!

普段キャンプをしていると、どこからともなく臭ってくるタバコ臭が全くしないので、安心してキャンプを楽しむことができました!

逆に喫煙者にとっては自分のサイトでタバコが吸えないので、少しもやもやするかもしれませんね。

 

風が強い

渚園キャンプ場は広大な芝生が広がるキャンプ場です。

そのためか、浜名湖側から強風が吹く時があります。

特に冬場は強い!

いつもより設営に時間がかかってしまう可能性が非常に高いので、到着予定時刻よりも余裕を持った行動をしておくと良いかも!

常に風上から設営し、ペグは長いものを用意しましょう。

また焚火をされる方はウィンドスクリーンや焚火用の陣幕を用意しておいた方が良いかも。

風で火の粉が飛んで、テントやタープに穴が開いたら嫌ですもんね……。

 

設備情報

この項目ではキャンプ場の設備について解説していきます。

詳細な場内マップはこちらから確認いただけます。

 

管理棟

入場ゲートから駐車場に入る際、左前方に見える建物が管理棟です。

チェックインをする際は、入口に健康チェックシートが置いてあるので、記入後に管理棟内の受付カウンターへ持っていきます。

手続きの際に受付証をいただくので、無くさないようにしましょう。

チェックアウト時に返却する必要があります。

薪は一束650円。

木炭は3kg(3~5人用)600円、6kg(6~8人用)1,100円です。

購入した薪は、

管理棟の喫煙所裏に薪割り機が置いてあるので、それで薪を割ることができますよ。

同じ場所に薪を束ねるための針金を回収するカゴがあるので、不要であればそのままカゴへ。

 

薪を割る際に、同じ場所に置いてある「貸しブロック」を持っていくと効率的ですよ。

実は渚園キャンプ場では焚火をする時は焚火台の使用の他に、ブロックを下に敷いて芝生を保護する必要があるんです。

薪・ブロックと持ち運ぶ量が多くなるので、複数人で対応するか無料貸し出しの台車を利用して運ぶと良いかもしれません。

また管理棟には複数の自動販売機が設置されています。

飲み物が足らなくなった時、わざわざ買い出しに行く必要がないので安心ですね。

……買い出しに行くと駐車場代が余分に掛かりますし、ね。

 

ちなみに渚園キャンプ場はゴミは全て持ち帰りですが、売店(9:00~17:00)や自動販売機で購入した缶やペットボトルは、自販機の横にあるゴミ箱に捨てても良いみたいですよ。

「渚園キャンプ場で購入した缶・ペットボトル以外は捨てないでください」

とのことでした。

 

トイレ

トイレは各所に点々とあります。

シャワー棟付近にある簡易トイレの他に、

浜名湖側には和式のトイレが。

このように複数のトイレがありますが、一番良いのはシャワー棟の隣に新しくできた、この白い建物内にあるトイレです。

洋式でウォシュレット付き!

そして何よりも、綺麗!

利用するサイトによってはかなり距離がありますが、我慢できるようならこのトイレ一択ですよ!

 

炊事場 / 炭捨て場

前述の白い建物内にはトイレの他に炊事場もあります。

一番蛇口が多くて、一番綺麗!

ただしサイトの場所によってはかなり遠いので、近くの炊事場を利用した方が良いかも。

この白い建物の他にも、

簡易トイレの横と、

浜名湖側の和式トイレの横にも1つありますよ。

それぞれの炊事場の隣には、

ドラム缶が置いてるので、消し炭はこちらに捨てましょう。

トイレがあるところに炊事場・炭捨て場があるので、非常に分かりやすいですね。

 

ちなみに炊事場で出た生ゴミも含めて、ゴミは全て持ち帰りです。

炊事場付属のアミを使って、自分のサイトに持っていく必要があります。

利用客の多い時はアミが不足していることもあるので、利用する際は予備の袋を持っていくと良いですよ。

 

シャワー棟

炊事場の隣にある茶色い建物にシャワールームがあります。

200円で5分。

お金を入れたらすぐにお湯が出てきます。

お湯の勢いや温度が調節できず戸惑ってしまい、少し時間を無駄にしてしまいました。

お金を入れたら調節は気にせず、すぐに利用するようにした方が良いですよ。

シャワー棟には休憩所も。

シャワー後の待ち合わせや日中の暑さ等で疲れた時は、こちらで休憩しても良いかもしれませんね。

 

台車置き場

フリーサイトを利用する場合、車で来た人は駐車場から荷物を運び入れる必要があります。

入り口近くの場所を確保できれば楽ですが、遠い所しか空いていない場合は大変!

ですが渚園キャンプ場では台車を無料で借りることができるんです!

管理棟への申し出は必要ないので、積極的に活用しましょう。

管理棟の隣に複数の台車が並んでいますよ。

ただしチェックアウト前の撤収時は非常に混雑し争奪戦になるので、できれば自前のアウトドアワゴンがあると楽かもしれません。

 

ドッグラン

駐車場の入場ゲート付近にはドッグランがあります。

無料で利用できて、ペットサイトからも近い!

ワンちゃんと一緒に遊んだり、椅子に座って休憩しながらワンちゃんを遊ばせたりできますよ!

ですがそこまで広くないので、混雑時は時間をずらす必要があるかもしれません。

 

サイト情報

この項目ではキャンプ場のキャンプサイトや宿泊施設について解説していきます。

詳細な場内マップはこちらから確認いただけます。

渚園キャンプ場は敷地が広くサイトによっては移動が非常に大変なため、レンタサイクル(520円)を利用すると良いかもしれません。

キャンプ宿泊者は翌朝8:30まで使えるので、非常に便利ですよ!

 

フリーサイト

駐車場から進入してすぐ、左側に広がる芝生エリアがフリーサイトです。

車の場合は横付けできず、駐車場から荷物を運び入れる必要があります。

前述の台車を利用すると楽!

バイクや自転車だと直接乗り入れて横付けできるのでかなりお勧め!

ですがバイクの場合そのまま駐車すると転倒の危険があるので、サイドスタンドホルダーか敷き板を用意しておくと良いですよ。

人気の場所はトイレや炊事場、管理棟、駐車場が近い入口付近。

設営・撤収が楽ですし、やはりこのエリアから優先的に埋まっていました。

ですが雨が降ると水没する可能性のあるエリアでもあるので、天候をよく確認してから設営を始めた方が良いですよ。

 

ちなみにデイキャンプをされる方もこのフリーサイトを利用します。

「テントを張っていない人はデイキャンプの人だから、夜はその付近は空くよ」

と管理人さんに教えていただきました。

フリーサイトでキャンプをお考えの方は是非、参考にしていただければ幸いです。

 

ペグの打ち込みは特に困ることもなく、スムーズに設営できました。

しかし前述の通り風が強くなることが多いので、長いペグを用意した方が良いですよ。

 

区画オートサイト(電源なし)

渚園キャンプ場内のサイトのほとんどがこの電源なし区画オートサイトです。

約100㎡の区画内に車を横付けしてキャンプを楽しめます!

区画割りはロープを地面に埋め込んだだけの、簡単なものでした。

「なっぷ」で予約する際は北・南・東・西・中央と、ある程度のエリアを指定して予約することができます。

個人的にはこの画像――中央エリアと、東エリアがお勧めです。

広すぎるキャンプ場なので、主要な設備が遠いと大変……。

その点、この中央エリアや東エリアは綺麗な炊事場・トイレのある白い建物や管理棟に近いので、利便性が高いですよ!

特に中央エリアは浜名湖へのアクセスもしやすい位置にあるので、特にお勧めです!

 

区画オートサイト(電源あり)

管理棟から一番遠いエリアにあります。

浜名湖への入り口がすぐ近くにあるので、アクセスは非常に良いです。

喫煙所も近くにありますよ。

ですが電源が使用できる分、炊事場やトイレまでかなり距離があるので大変そう……。

ウォータージャグを用意しておくと、

「ちょっと手を洗いたいな」

と思われた時などに便利かもしれません。

 

ペットサイト

駐車場からキャンプ場内に進入していくと、目の前に標識が現れます。

それに従っていくと、

ペットサイトが目の前に現れます。

ちょうど管理棟の真裏にあり、その名の通りペットと一緒に綺麗な芝生の上でキャンプを楽しむことができます。

このサイトの良い点としては約100㎡の区画内に車の横付けが可能な上、なんといっても綺麗な炊事場・トイレが非常に近い!

オートサイトの中では一番の利便性ではないでしょうか。

更には、一部だけですが電源が付いているサイトもありますよ!

敷地内の隅にあるので、解放感という点では普通のオートサイトに劣ってしまいますが、それでもなおこの利便性は魅力的です。

すぐ近くにはドッグランもありますので、ペットと一緒にキャンプをしたい方はすごく楽しみやすいと思いますよ!

 

BBQガーデン

最近できたばかりのBBQサイトで、6,000円で利用することができます。

1サイトにつき8人まで利用可能!

テーブルや椅子、BBQコンロ、鉄板等、必要な機材は全て揃っています。

必要なのは食材や飲み物、紙皿等の食器類のみ!

ちなみに食材や食器を用意してくれる有料食材セットプランもありますので、手ぶらで簡単に楽しむことも可能です!

渚園キャンプ場で食材を頼んでおけばゴミの回収もしてくれますので、楽しんだ後が非常に楽になりますよ!

綺麗に手入れされた芝生の上で、気軽なBBQを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ただ、夏場は非常に暑いのでタープをレンタル(2,000円)するか、自分で用意した方が良いかもしれません。

 

周辺情報

この項目ではキャンプ場の周辺にある施設について解説していきます。

 

スーパーかきこや 舞阪店

所在地〒431-0213
 静岡県 浜松市 西区 舞阪町 浜田171
営業時間10:00~20:00
(定休日 なし)
連絡先053-592-7117

渚園キャンプ場から7分のところにある、一番近いスーパーです。

せっかく海沿いの街に来たのだから、新鮮な魚を楽しまないと、と思い刺身を購入!

……めちゃ美味しい!

キャンプ場から非常に近いので、鮮度の心配もなく新鮮な刺身を楽しめましたよ!

しかし小さなスーパーなので、大型スーパーに比べると品揃えは……。

足らない食材は後述のもう一つのスーパーで補いました。

海産物をご所望の方は是非立ち寄ってみてください!

フードマーケット マム 篠原店

所在地〒431-0203
 静岡県 浜松市 西区 馬郡町2535
営業時間10:00~20:00
(定休日 なし)
連絡先053-596-4129
ホームページフードマーケット マム

渚園キャンプ場から約10分で、前述の「かきこや」からはわずか4分しか離れていません。

品揃え豊富で、食材が安い!

建物内には100円ショップのダイソーも入っているので、忘れ物があっても一安心!

キャンプ場周辺で買い出しをするなら、こちらが一番良いのではないでしょうか。

 

浜名湖観光ホテル 開春楼

所在地〒431-0214
 静岡県 浜松市 西区 舞阪町 弁天島2669-1
利用料臨時休業中
営業時間臨時休業中
連絡先053-597-3300
ホームページ浜名湖弁天島温泉ホテル 開春楼

ゆるキャン△で志摩リンが温泉を利用したホテルです。

弁天島の鳥居を眺めながらゆっくりと温泉でリラックスできます。

……が、新型コロナウイルスの影響により臨時休業中……。

ファンの方は後述の、もう一つの温泉を利用してみてはいかがでしょうか。

 

浜名湖弁天リゾート ジ・オーシャン

所在地〒431-0214
 静岡県 浜松市 西区 舞阪町 弁天島3285-88
利用料中学生以上 1,000円
4歳以上    500円
*バスタオル・フェイスタオル付き
営業時間11:30~24:00(最終受付23:00)
*毎週水曜は17:00~
連絡先053-592-1155
ホームページ 浜名湖弁天リゾート ジ・オーシャン

「開春楼」の数軒隣にあるホテルです。

ドラマ「ゆるキャン△2」のロケ地として使用された実績があります。

温泉に浸かって充分に疲れをとってーーからの、火照った身体を冷まししながら海にたたずむ赤鳥居を眺める!

まさに極上のリラックスタイム!

夕方利用したのですが、その後のキャンプも温泉効果なのか、すごく気持ち良く快適に過ごせました。

 

……ささやかな点ですが、バスタオルとフェイスタオル付きなのがありがたかったです。

あとリンスとシャンプーが別!

 

弁天島海浜公園

所在地〒431-0214
 静岡県 浜松市 西区 舞阪町 弁天島
利用料駐車場代 410円
(バイク・自転車は無料)
連絡先053-592-0757(舞阪町観光協会)
ホームページ舞阪町観光協会

上記2つのホテルの裏には弁天島海浜公園があります。

こちらもゆるキャン△の聖地ですね。

ここも渚園キャンプ場と同じく入場ゲートが。

駐車料金410円がかかります。

ですがこちらの入場ゲートも、バイクであれば横の隙間から通って無料!

浜松市って、ライダーに優しい町ですね 笑

弁天島では海に浮かぶ赤鳥居を眺めることができます。

桟橋の先まで行きたかったのですが、残念ながらチェーンが張られていて進入できませんでした。

 

ゆるキャン△でも描写されていましたが、ここ弁天島は赤鳥居に夕日が沈んでいく光景が見られることで有名です。

ただし見ることができるのは期間限定で、秋の終わりから冬にかけて。

大体11月中旬から1月中旬頃に行くと絶景の夕日が見られるとのことなので、秋・冬キャンプで渚園キャンプ場を利用した時は是非寄ってみてはいかがでしょうか。

 

キャンプ場 まとめ

フリーサイトが1人410円と、非常に安い! しかもバイクでの利用は駐車場代も無料です!

車の場合は駐車場代400円。オートサイトでも関係なしに掛かります。しかも1退場ごとに発生します。

管理棟内では多数のゆるキャン△グッズが販売されています。

浜名湖まで簡単にアクセス可能で、釣りや潮干狩り、湖水浴などが楽しめます。

喫煙できる場所が限られているので、安心してキャンプを楽しむことができます。

強風注意!

薪は一束650円。無料で管理棟にある薪割り機を利用することも可能です。

ゴミは生ゴミも含めて、全て持ち帰り。

荷運び用の台車を無料借りることができます。フリーサイト利用者は是非活用しましょう。

渚園キャンプ場の各サイト情報については、本文でご確認ください。

 

最後に

今回は4泊5日のバイク旅――4泊目に利用したキャンプ場をまとめました。

浜名湖沿いとはいえ町の中にあるキャンプ場なので、買い出しや温泉の利用が非常に楽でした。

そして何よりも料金が安すぎる!

正直、ここより前の3泊までで結構出費がかさんでいたので非常に助かりました 笑

キャンプツーリングを楽しまれるライダーさんには非常にお勧めなキャンプ場ですので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

当ブログでは、東海地方を中心とした総合的なキャンプ情報を発信しています。

その他のキャンプ場については以下をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました